印をつけて編む引き返し編み

以前書いた記事の画像が行方不明になったため(ファイルをいじった時に捨ててしまったっぽい)新たに書き直しました。

印をつける意味

編み物の技法の本には引き返し編みは、編み地を返したあと、かけ目、すべり目となっています。このかけ目が段消しの時にないと、段違いのところに穴が開いてしまいます。かけ目がうまく穴をふさいでくれる感じです。

しかし、かけ目をするとその分目が緩んでしまい、段の境目の目が少し大きくなってしまう傾向があります。

かけ目をしないで往復編みをして、かけ目となる部分を拾いながら段消しを編むと緩まずにキレイに編むことができます。

がっ。かけ目を拾う場所というのが熟練しないとワケわからん感じなので、後から拾うために、かけ目をする予定だった場所に段数マーカーを入れて印にして往復編みをするのです。

左下がりの引き返し編み

まず、編み図通りに引き返すところまで編みます。

編み地を返します。

最初の目(緑)はすべり目になり、次の目(ピンク)は普通に編むことになります。緑を滑りめした根本に印用の段数マーカーを入れ、ピンクを編みます。

緑とピンクの間にマーカーが入ります。これで本来かけ目をする場所に印をつけたことになります。

右下がりの引き返し編み

編み図通りに引き返すところまで普通に編みます。

編み地を返して、同じように最初の目(緑)はすべり目、次の目(ピンク)は普通に編みます。印用の段数マーカーは緑の根本に入るようにします。

編んだところ。段数マーカーが本来かけ目をする場所、緑とピンクの間に入っています。

靴下のかかとを編む場合、段消し前はこんな感じになっています。たくさん引き返すのでピロピロっとたくさんぶら下がります(笑)

左下がりの段消し

すべり目したところまで普通に編みます。

すべり目したところ(緑)まで普通に編みました。

次は普通に編んだ目(ピンク)と印をしたところ(オレンジ)を拾って捻らないようにピンクの目の手前にかけて二目一度にします。

これで一つ段消しできました。残りも同じように印をつけた場所を拾って針にかけながら段消しして終わりです。

段消しが終わったところ。

右下がりの段消し

左下がりの段消しの時と同じように、すべり目したところまで普通に編みます。

すべり目(緑)したところまで編んだところ。本来かけ目をされているマーカーで印をつけた場所(オレンジ)が手前にあります。

右下がりの場合は、掛け目と一緒に編む目を入れ替える必要がありますので

まず次の目(普通に編んであっため・ピンク)を右の針に移します。

そして印をつけてあるマーカーの場所(オレンジ)を捻らないように左の針にかけます。オレンジを左の針にかけたらピンクの目を左の針に戻して二目一度します。画像の状態でピンクとオレンジを一緒に編みます。

編んだところです。

段消し終了したところです。

慣れたら印なしで

こんなものをサイトにあげて置いて、ですけれど。

先日久しぶりに引き返し編みのかかとを編んだら段消しを間違っていて「アレ・・・(^◇^;)なんか間違えてる・・・」となりました(笑)

裏から編む右下がりの段消しは目を入れ替えたりするので、集中しないと間違えるのですよね。特に靴下のかかとは連続で段消ししていくので、途中で訳わからなくなることが多いです。

そんなわけで編み直したのですが、段数マーカーを入れるのが面倒になってしまって、マーカーなしで引き返して、段消しの時にかけ目を自分で拾いながら編んでみました。

慣れると拾う場所は理屈でわかってますし、案外スイスイとできて「もうこれでいいじゃん・・・」とあっさりクリアしました。前は拾う場所がよくわからなくて断念したのですけれど、やっぱり何度もやって慣れると思いがけずできなかったことができるようになるものです。

ただ・・拾う場所はよくよく見ないと・・という感じです。慣れてきたら拾うのもスイスイ行けるかな。

ラップ&ターンより引き返し編みの方がキレイに仕上がると思います。是非挑戦していただきたいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください