2018年

スープジャーのカバーを編む

いいなぁと思いつつ、なかなか手が出なかったスープジャー。たまたま引き出物のカタログに載っていたので注文。その魅力にすっかりはまった私です。 結局家族全員分買う(笑) 最初は一つあればだれか使うだろう、程度の気持ちだったの…

スパイラルソックスを編む

スパイラルソックスはかかとを編まなくてもかかとに沿うという靴下です。 かかとを編むのが好きな私は好んで編みません(笑)ちょっと編んでみることになったのでついでに検証してみました(今更感ハンパない) 普段私は細い毛糸で編ん…

メロン色の毛糸で三点セット

そもそもの始まりは前に編んだwolkingを気に入っていただけたことから始まりました。  コレです。 最初は腹巻を希望されていました。腹巻も編まないわけではありませんが、前に残り糸で編んだら、暑すぎたという経緯がありまし…

手帳カバーを縫いました

来年の手帳のリフィルを買ったはずなのにないなぁと思って買ったら、先に買ったものが思いがけないところから出てきました(;^ω^) こんなところにしまったんだっけ。忘れっぽくて困るなー。 せっかくなので二冊とも使おうと思い、…

スタンダードな靴下の形

現在私が編む、一番スタンダードな靴下はメリヤス編みの靴下です。 色々試行錯誤して編んできて現在たどり着いているもので、非常にシンプルではありますが薄くて軽くてフィット感もよく靴を履くこともできます。 参考にしてきた本 初…

靴下の履き口の止めをどうするか?

私は靴下を編むときはだいたいつま先から編んでいます。なぜかというと、履き口から編んだ時に最後につま先のメリヤスはぎをするのが苦手だからです(笑) かといってゴム編み止めも得意ではないのですが(笑) 別に伏せ止めでいいかな…

手編み靴下の効果

大げさかもしれませんが、最近手編みの靴下には生身の人間の手からしか生み出せない何かがある、と思うようになりました。 そもそも私は、手編み品は心がこもっているからあったかい、ということをそんなに信じていません。 空気がたく…

ウール100%の靴下

肌寒くなってきて、前に編んだウール100%の靴下を自分用におろしました。混紡のソックヤーンで編んだ靴下の持ちがよすぎて(笑)たくさんあるんですけれどもね! やっぱりあったかい 補修の試行錯誤もしたかったので、履いているう…

履き口伸びる問題を考える

ニットものにおける重大な問題、それは「伸びる」ということであります。 洋裁でも縫うときには伸び止めをきちんと考えないといけないですし、仕上がった時にどれだけ伸びるか、を頭においてパターンも考えていかないといけません。 手…

英文パターンで編む(Nuvem)

先日ウエアを編むつもりで買った糸ですが、見間違えていまして(笑)中細くらいの毛糸を買ったつもりがLaceだったという(;^ω^)細かった・・・ そのままウエアを編めなくもなかったのですが、この糸で編むとスケスケです。中高…