CATEGORY 引き返し編み

印をつけて編む引き返し編み

以前書いた記事の画像が行方不明になったため(ファイルをいじった時に捨ててしまったっぽい)新たに書き直しました。 印をつける意味 編み物の技法の本には引き返し編みは、編み地を返したあと、かけ目、すべり目となっています。この…

ラップ&ターンについて

ラベリからダウンロードして現在編んでいるプルオーバーの肩の引き返し編みがラップ&ターンを使っています。 ラップ&ターンは他にも編んでいるのですが、小物だったのでプルオーバーの肩など目立つ場所に使ってみるのは初めてでした。…

英文パターンで編む(Good Vibes)

英文パターンにて引き返し編みのショールを編むことにしました。 https://www.ravelry.com/patterns/library/good-vibes 一目ぼれした糸を使う 一目ぼれして買ってしまったこのオ…

ラップ&ターンのかかと

海外のパターンの引き返し編みがWrap&Turn(ラップ&ターン)と呼ばれるものです。 海外パターンで時々見かけるので私も編んでみました。ほぼ同じことをしているのですが、かけ目とすべり目の引き返し編みよりもわかり…

引き返し編みのかかとについて

以前はかかとといえば引き返し編み、という感じでしたが現在はいろんな編み方が紹介されていて、そちらのほうが簡単だったり機能的だったりします。 しかし引き返し編みのかかとはデザインを邪魔しないとか、きれいにできるとか、利点も…

引き返し編みの編み方

引き返し編みについてまとめてみました。 ちょうど今課題で編んでいるセーターの肩部分を練習で編んでみました。 引き返し編みのパターン 今回は肩にあたる部分です。 パターンで言うと、 2段-4目-4回 (3目)      と…

引き返し編みについて

引き返し編み、と聞くと「無理~」「わけわかんない」と思われる方も多いですよね。 以前はセーターの編み図を見ると肩に引き返し編みがあったものですが、最近は見かけなくなりました。 ちょっと前に編み物出版関連の方の話を耳にした…